現実は変えられる

世の中には3つの世界が存在している

 

『真実』『事実』『現実』

 

真実とは神のみぞ知る世界

→これは誰にも知ることが出来ません。

 

事実とは根拠のある実際に起きた出来事です。

→これは誰にも覆すことは出来ません。

 

唯一変えられるものが現実です。

 

現実とは、起きた出来事(事実)をそれぞれが解釈したものです。

 

 

電車に父と子が乗ってきました。

子供ははしゃぎまわっているにも関わらず、父親は注意をしません。

周りにいた乗客は迷惑だと思い、父親に注意をしました。

 

そこで父親は我に返りました。

『さっき妻が亡くなったのです。子供に何て話したらよいのか、私にはわかりません』

 

その言葉を聞いた周囲の人は何と思ったでしょうか。

 

話を聞く前は、常識のない親だ。迷惑だ。子供が可哀そうだ。

と考えていたかもしれない。

話を聞いた後は、そんな余裕がなかったのか。父も子もこれからのことを考えると大変だ。

と憐れんでいるかもしれない。

 

つまりその事実の解釈の仕方で、現実は変えられるということです。

 

物事には様々な解釈があります。

あなたが選んでいるその解釈は、多くの内の1つでしかない。

 

今ある現実が、悲しいものと感じているのもあなたの解釈

ある人から見ると、それは幸せなことと言う。それも解釈

 

実験の失敗を失敗と捉えるか、上手くいかない方法を見つけたと捉えるか

失恋を嘆くのか、相手の気持ちがわかって良かったと捉えるのか

お金がないと嘆くのか、生きているだけで幸せだと捉えるのか

 

人間はすべて解釈しているだけだ。

 

だから、現実は変えられる。

 

あなたは現実を変えてみたいと思いませんか?

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です