Pacific Wellの由来

何をしていなくても、勝手に繋がっていく時代

広く繋がれるようになった分、家族、友達、会社内での関係が希薄になっていることも

★親子、家族なのに分かり合えず、いつも喧嘩をしたり、自分の正義を押し付けあったりしている。

★会社で同じ目標に向かっているはずなのに、意見が毎回食い違い、大事にしていることも違い、チームが機能していない。

★自分と違う考えの人に、あいつは分かっていない、と自分の物差しだけで判断している。

 

コミュニティとは1人1人、個性の違う者同士が集まっているので、合わない人がいるのは当然。

みんなで仲良くしようと言っているわけではありません。

合わないことを認識して、他者を受容することで、互いに認め合い尊重することが出来る。

全てのコミュニティは人間関係で出来ていると言っても過言ではない。

 

学生の不登校の原因は友人間関係、先生生徒関係、家族関係、つまりは『人間関係』

会社での退職理由の第一位は『人間関係』

ストレス理由の第一位も『人間関係』

離婚や、虐待、自殺の原因にも『人間関係』は含まれます。

 

ここまで人生に関係する『人間関係』

しかし原因である人間関係に対策を行うよりも、結果に対して対策を行っている人が多い現状です。

病気で例えると、対処療法しているだけで、根本治療していない状態です。

そこで我々は直接『人間関係』に対策をしていきます。

 

Pacific(太平)+ well(井戸)とは

井戸を一緒に使うくらい生活を共にする仲間とのコミュニティを、平和で安心安全な場にするという意味が込められています。

人間関係を整えると自ずと安心安全の場が出来てきます。

自己実現理論(欲求段階説)においても生理的欲求(Physiological needs)の上に安全の欲求(Safety needs)が存在している。又、安心安全の場を作ることが、チームの業績を最大化するとも言われている。

安心安全な家庭、社会のコミュニティを実現することで、多くの人が今よりも生きやすく、自分の力を発揮できる社会になる。私たちはそう信じています。