伝えるということ

 

人に何かを伝えるのってすごく難しい

 

でもその前に確実に伝えようとする人も多くはない

 

心の中で思っていても言わない

態度に出さない

 

実は無関心なのが一番お互いにとって良くない

 

人に何かを言うということは、そこに何かを伝えようとする意思がある。思いがある。愛がある。

例えばそれが小さな苦言や、注意であっても。

相手の為に労力を費やしていることに気が付かなければいけない。

 

無関心なのは、それさえも解決する気のない状態だということだ。

 

そして無関心は人間関係を更に悪化させる。

 

だから、小さなことでもいい。

まずは相手に何かを伝えることをしてほしい。

出来ればいいことを伝えてほしい。

 

そして伝えることの難しさがわかったら、伝え方を考えればいいのだ。

 

まずは伝えようとすること

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です