人間関係改善循環モデル

【人間関係を良くするとどうなるか?】

組織の問題の多くは人間関係で解決できる

 

上司部下の関係から、チームとしての関係、同僚としての関係

 

ストレスの原因にも、退職の原因にも、プロジェクトの阻害にもなる人間関係の問題

 

人間関係が悪くなれば、個人を活かすことも、チームを活かすことも出来ない。

逆に人間関係が良くなれば、心理的安全性の基になり、個人を活かし、チームを活かすことも出来る。

 

では人間関係を活かす基になっているのはこの【人間関係改善循環モデル】である。

労働生産性の観点からみても

アブセンティズム、プレゼンティズムの原因となるのはストレスや、身体的不調が多い。

身体的不調にはストレスが原因となっていることもある。

そのストレスの一番の原因は『人間関係』である。

 

チームビルディングする上でも人間関係を見ることはとても大切。

関係性を無視してチームを作っても、お互いの関係を理解していないと、チームとして機能しない。

チームとして機能しだすと、作業効率があがり、生産性の向上につながる。

 

チームとしての成長は個人の成長にも繋がる。

個人の成長は、人間関係を良くしていくことにも繋がり、好循環を生む。

 

個人の成長が出来ない場所だと、途端に足の引っ張り合いがはじまる。

 

実は多くの企業、チームの問題点は、この人間関係を変えると改善される。

 

労働生産性の問題も、退職率の問題も、人件費の問題も、新人教育の問題も、元を辿ると人間関係に繋がる。

人間関係にアプローチする意味は根本解決にある。

 

組織を人間関係改善循環モデルにする方法はこちらからどうぞ

 

人間関係が最適化されることを願っております。

 

Pacific Well

荒井洋太

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です