実力とは・・・

実際に持っている力のことである。

 

実力を発揮する。

実力がある。

 

ではあなたは実力を発揮できているか?

 

発揮できていないとすれば、それは何故発揮できていない?

 

何処にも実力を発揮してはいけないなんて決まりはない。

 

ほとんどの人は

実力の発揮の仕方を知らない。

 

 

一番分かりやすい実力の発揮の仕方をお伝えしよう。

 

力を実に変えること

 

自分の持っているものを、実として出すということだ。

 

今まで蓄えてきた栄養分(知識、技術、経験)を、実にしてみる。

 

そうするとその実を、食べたい人が現れる。

 

そしてその実の評価は食べた人がつけるわけだ。

 

 

実力(じつりょく)とは実(み)の力

実力を発揮すると、周りに評価されるということだ。

 

実力の発揮の仕方は、自分が今まで培ってきたものを、外に出す。

アウトプットすることで出来るということだ。

 

手順としてはまず

①自分を知る

自分が今まで何をしてきて、何を持っていて、これから先何がしたいのか

 

②自分が何が出来るのか知る

今の自分に何が出来るのか具体的に考える

 

③自分を表現する(実にする)

形に残す。アウトプットする

 

細かい話をすると読むのが大変なので、簡潔に書いた。

この3つがとても大切。

しかし、ほとんどの人は①で止まる。

自分を知るというのは意外と難しい。

 

私も経験してきているからこそ言える。

自分を知るのが一番難しい。

 

実力を発揮するにはまず、自分を知ることから始めてみませんか?

1人で難しければ、知る方法をお伝えします。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です