コミュニケーションの第一歩 part2

part2だから第二歩じゃないか!という突っ込みは勘弁してください。

 

前回の続き

褒めることや、共通点を見つけるだけで信頼関係が築けるほど甘くはない。

さらに信頼関係を築きやすくなる方法をお伝えしよう。

 

『立ち振る舞い』

人の印象は言葉だけで決まるものではない。

見た目や、立ち振る舞いも重要になってくる。

つまり、立ち振る舞いはコミュニケーションの一環なのだ。

 

ではどんな立ち振る舞いが信頼関係を築けるのか。

 

想像してみてほしい。

・いつも頼りなさそうに、不満そうな顔をして、歩く姿もよたよたとしている人

・堂々として、何でも許してくれそうな顔をして、ゆったりとしっかり歩く人

 

どちらの方が信頼できそうか?

 

人間はコミュニケーションを取る前に、感情が動く

 

言葉を発するより前に、印象が決まってしまう。

そこを身につけないと、第一印象で損をするだけだ。

 

ポイントはいくつかある。

 

・堂々とする

・ゆったりと話す

・表情は優しく

・ペコペコしない

・腕を組まない

・顔をあげる

・服装が清潔

・話は簡潔

・話をよく聞く

・・・etc

 

数え上げるとまだまだある。

自分の纏う空気、印象を理解することが重要かもしれない。

自分がこんな人なら信頼できるというのを研究してみても良いかもしれない。

 

何か一つでも変えると、そこから印象は変わっていきます。

まずは1つ変えてみましょう。

 

以上

信頼関係を築くコツでした。

 

まだまだ信頼関係を築くコツは続きます。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です