サッカー日本代表に思う

快進撃を進めるサッカー日本代表

予選最後の戦い方に賛否あるみたいですが、良かったと思います。数年後には日本は決勝トーナメントに進出した事実だけ覚えているでしょう。

それはそうと
やはりサッカーの醍醐味はチームであること

個人レベルではメッシやクリロナの様な個人技で突破出来る人はいない。

しかし勝てるのはチームであるから

・全員が互いの得意なプレーを引き出しあう
・苦手な部分を得意な人間がカバーしあう
・ミスをしてもそれを取り返してくれる仲間がいる
・信じて任せる監督がいる

それが日本だ。

予選最後のプレーも監督のことを信じ、全員が徹した。
そして監督も批判されることが分かっていながら、自分の責任として指示を出した。

昨日の戦いで、チームとしての絆はより強固なものになったのではないだろうか。

チームとは

T togather

E each(everyone)

A achives

M more

つまり集まってより良い結果を出すこと

 

これって正に今の日本代表に言えることではないだろうか?

 

更に監督のマネジメント力も素晴らしいものだと感じる。

チーム、選手を大切にしながら、敗戦の責任や、マスコミに対する説明の責任まですべて負っている。

 

日本代表の監督ともなると、平然とやってのけるのが素晴らしい。

心理的安全性のあるチーム作り

Pacific Wellも更に広めていくだけである。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です