自己受容

自己受容という言葉を聞いたことがありますか?

 

自己受容とは

一言で言うと『自分を受け入れているか』です。

そのままですね。

 

その自分というのは、いわゆる欠点や、受け入れがたい現実なども含まれてきます。

例えば自分の容姿、自分の性格、自分の能力なんかもそうです。

 

自分の嫌なところや欠点も、それが自分だと受け入れる。

言うのは簡単ですが、実際にはなかなか難しいものです。

 

諦めるのとは違います。

 

そもそも嫌なところや欠点って誰が決めているのでしょうか?

それは自分自身です。

 

それも他人と比べています。

 

比べていないつもりかもしれませんが、他の人が全員同じだったら、それが標準になって欠点になりません。

 

つまり全部自分自身が勝手に決めているのです。

稀に他人からあなたの欠点ですとかいう人がいますが、他人なんて勝手なものです。

それが欠点ではなくて、美点であると評価する国に行ったら、意見は変わります。

そして他人を基準に生き始めると、とても生きづらくなってきます。

 

あなたはこの世の中に1人しかいません。

たった一人の個性です。

 

すべてを含め大切な個性です。

 

自己受容ができると、生きるのが楽になります。

 

ありのままでいいのですから。

 

 

そして自己受容が出来ると、他者受容も出来ます。

 

私はこれでいい、だからあなたもそのままでいい。

ということですね。

 

つまり先程出てきた、他人の欠点を指摘する人は、自己受容が出来ていない人ですね。

 

自己受容していくこと、それが他者を受け入れるポイントの一つです。

 

あなたは自己受容していますか?

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です