家族関係を改善するコツ①

【理解と受容】

家族以外の人間関係でも言えることですが、どうしても理解出来ない人、理解できない行動ってありませんか。

それは夫婦間や親子間でも十分に起こりうる出来事です。

 

では理解しなくてはならないか?

 

答えは『NO』です。

 

もちろん理解するに越したことはないです。

でも家族とは言え違う人間なのですから、理解できないことはあります。

すべて理解できてしまってもそれはそれで面白くないでしょう。

 

今回皆さんに受け取っていただきたいのは 受容できているか です。

 

実は理解できなくても受容できていれば、相手のすることを許すことが出来ます。

簡単な例だと、赤ちゃんの行動は理解できないけど、それを受容しているので許すことが出来ますよね。

 

相手のことを受容していると、あの行動は私には理解できないだけ、相手には相手の考えがあるのだとみることができます。

 

家族だから理解者でありたい

でも他人を完全に理解は出来ません。

 

あなたは家族のことを受容していますか?

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です