顔をあげてみる

 

先日久しぶりに通勤時間帯の電車に乗った

周りを見渡してみると

誰一人顔を上げている人はいない

 

スマホを見るか

寝ているか

本を読んでいるか

 

そして誰一人笑っている人がいなかった

 

何か悲しいことでもあったのだろうか

 

いや、わかっている。皮肉を言いたいわけではない。

疲れもあるだろう。毎日の仕事にうんざりしているかもしれない。

電車の中で笑っていたらおかしな人と思われるかもしれない。

 

1つ言いたいことがある。

 

身体心理学的にも下を向いていると、気持ちは落ち込みやすい。

心と体は1つのものだ。心の状態は体の状態にそのまま出てくる。

 

一時期パワーポーズといって、手をあげたり、力持ちポーズをすると元気が出ると流行ったことがある。

正にこれが身体心理学なのだ。

 

顔を上げよう。

それだけで心の状態は上向きになる。

 

ここで一言

『幸せは幸せな人に寄ってくる』

 

いつもうつむいて考えている人と、楽しそうに顔を上げている人だったらどちらに声をかけたいですか?

 

私は楽しそうな人です。

つまり楽しそうな人はチャンスが多くなるのだ。

うつむいている人には幸せになる壺の話がくる時もありますが(笑)

 

それでは皆さん顔を上げてみましょう。

ただそれだけで、世界が変わってきます。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です